住宅ローンの借り換えにかかる手数料とは

住宅ローンの借り換えでネックとなるのが諸費用です。借り換えで浮いたお金も諸費用が高ければそれだけメリットが薄れてしまいます。
もしも借り換えをする場合、それに伴う経費はいくらになるのか、金融機関ごとに調べてから手続きをするようにしましょう。金利の低さだけで借り換え先を決めたとしても、借り換えの経費が高くつけば、結局はお得にならないことがあります。保証料や、事務手数料は、住宅ローンの借り換えではかなりの割合になりますので、確認する必要があります。
保証料は金融機関によって違いますが、メガバンクや、都市銀行は高額になる傾向がありますので、注意が必要です。インターネット上の銀行は、保証料は0円というところが少なくありません。保証料がかからない代わりに、事務手数料がたくさんかかってくるので、ネット銀行が諸費用が安いとは言い切れません。借り換え時の保証料0円はインパクトが大きいかもしれませんが、他の経費も合わせて計算すると、結果的にはそれほどでもなかったりします。
また、案外と忘れられやすいことが、最初の住宅ローンで保証料を一括で支払っていた時には、繰り上げ返済をするとその保証料が返ってくることがあるというものです。住宅ローンの借り換えを検討する時には、保証料の返金も視野に入れて、結果的に得になるかどうかを考えましょう。事務手数料は戻ってはきませんが、保証料であれば前倒しで支払うことで、返ってくることがあるお金になります。住宅ローンの借り換えを考える時は、返済額だけに気をとられるのではなく、返金されるかもしれない保証料など、諸経費のことも考えてください。